茨城県牛久市の美容師 とみぃのブログ

ドライヤー使うと髪って傷む??



IMG_2165






みなさん、ドライヤーってほぼ毎日使ってるとは思いますが・・・


ドライヤーってあったかい風と冷たい風両方出るのは知ってると思いますが


そもそも「冷たい風」はいるのか??



まぁ夏場は重宝しますけどね。風呂上がりに冷風で涼むっていうww


もちろんその使い方でついてる機能ではないんですが、結構な理由があります。




 ドライヤーは髪の健康を保つ道具。



よく、「ドライヤー使うと髪が傷むから自然乾燥してる」なんて方をちらほらお見受けしますが


髪の毛は水で濡れている状態だと、ドライヤーで熱を当てても傷みません。


100%乾いて、それでもなお延々と熱を当て続けると傷んできます。


髪の毛がカラッカラになる上に、ドライヤーの熱で髪の毛のタンパク質が固まってきてしまい、ガサガサになります。


その「ドライヤーの当てすぎ」を回避するとともに


髪の毛にツヤをだしまとまりを良くするために、冷風がついてるんです。




熱を当てた髪を冷やすと・・・?



IMG_2017







このように地肌が先に乾くようにドライヤーを当てていき、


「少し髪の毛が熱もってきたなー」っと思ったら・・・



冷風ON!!!


その熱が冷たくなる程度まで当てます。


こーすることによってキューティクルが冷却されて引き締まり、艶が出るわけなんです。


乾きも早くなるんです。8割方、乾いてきたら交互に切り替えて使うと効果的です。


ぜひお試しを。



そういえば最近のドライヤーは勝手に交互に風が切り替わるやつもあるそうで・・・



便利な世の中ですなぁ。







この記事を書いた人

フリーランススタイリストとみぃ
美容師歴19年。
ヘアカラーを得意とし、ハイライトや3Dバレイヤージュなどを駆使したデザインカラーを提案。様々なヘアカラーニーズに対応できる技術を研究・提供している。

ファッション・メイクとマッチしたヘアスタイルの撮影や、美容メーカーのメディアへの寄稿、地域のビジュアル活動など、サロンワークのみならず多方面で精力的に活動している。
【主な活動・資格】
ビューティーエクスペリエンス「THROWジャーナル」ライター
ヘアケアマイスタープライマリー・ミドル取得




follow us !