茨城県牛久市の美容師 とみぃのブログ

アッシュに染めてるのに茶色い…美容師が教えるアッシュカラーの本当の色!

どうも。最近おじさん感が増してきたので金髪にしてみたとみぃです。




俄然人気が衰えないアッシュカラー。

最近、新規できていただくお客様によく聞くのが「アッシュって言ったのにならない」という悩み。

アッシュに染めたのに黄色くなった。

アッシュに染めたら暗くなりすぎた

アッシュに染めてるのに茶色になる


結構アッシュあるあるなんですよねこれ。
どうしてそうなるか段階的にご説明します。

そもそもアッシュは何色なのか??



青灰色
アッシュという色は、みんな「灰色」「グレー」とか「青」とか言う方が多い(美容師さんですらそう)なんですが

色的には青灰色です。青と灰色が混じった水色っぽい色なんです。
まぁどっちも外れではないんですけど、これを分かってるかどうかでちゃんと染められるか変わるんです。

実はアッシュカラーは2通りある



アッシュカラーが染まらない理由で一番多いのは
我々美容師がヘアカラーでアッシュを染めた時、
お客様がアッシュと思っている髪の色と
美容師がアッシュだと思っている髪の色が違うということ。
お客様と美容師が「このアッシュだよね」と共有できてない事が一番の原因です。

ブルー寄りのアッシュカラー

ベージュ寄りのアッシュカラー


上の二つのカラーはどちらもアッシュを使ったヘアカラーです。
全然色違うじゃん!と思うかもしれないですがホントです。

他にも足している色味はあるものの、メインはアッシュを使ったカラーなんです。

青灰色であるアッシュは、黄色味と赤みをどちらも抑えてくれるヘアカラーです。
いわば「オレンジを抑えるカラー剤」なわけです。

しかし、色味が薄くなれば抑えられる色も薄くなります。

ボブのアッシュカラー


このボブのアッシュカラーは、濃いアッシュを使ってオレンジ味をガッチリ押さえ込んだアッシュカラー。
赤みも黄色味も消せるんですが、何せ濃いので染まり上がりが暗めになります。

ハイライトが入ったベージュアッシュ


このロングのベージュっぽいアッシュカラーは、明るめのアッシュを使ってるので明るく仕上がるんですが

色味も薄くなるので、赤みは抑えられても黄色味が抑え込めず、ベージュっぽく染まり上がるんです。


これ、どっちもアッシュって言えばアッシュなんです。
でも色は全然違う。
なので美容師がどちらのアッシュをお客様が求めてるか聞かないといけないんですよね。

アッシュが茶色になっちゃうのは



これは色々と条件があるのですが、基本「黒髪から一気にアッシュ」っていうのをやると、茶色くなる恐れがあります。

ちなみに一番茶色になりやすいのは、黒髪からアッシュグレーに一回のカラーでやろうとする事。

黒髪はいわば赤みと黄色味がフルで髪の毛に残ってる状態。濃いアッシュを使っても明るくなる過程で茶色が抑えられなくて出てしまいます。

最近のアッシュカラーはみんな濃いですし、カラー剤自体にもブラウンは入ってないのがほとんどなので明るさのある髪なら比較的茶色くなりません。

ベージュ寄りのアッシュも茶色になりにくいとは思うのでお試しを。


まとめ


アッシュには2種類あって、色の濃さによって染まる色が変わる

①アッシュグレーは赤みも黄色味も消せるけど、染まり上がり暗くなる(なんなら黒く見える)

②ベージュアッシュは明るく染められるけど黄色味が抑えきれないのでベージュになる。

アッシュが茶色になるのは黒髪から染めたり、ブラウン入りのアッシュカラーを使うとなる。

暗めで透明感出したい時にはアッシュグレー、赤みは抑えたいけど明るくもしたい場合はベージュアッシュと使い分けるのが一番いいです。

ただ、透明感はでるけど暗くなるとか、明るくはできるけどベージュっぽくなる、というデメリットもしっかり説明したうえで選んでいただくのがベストですよね。

もしオーダーする時に困ったら参考にしてみてくださいね。

この記事を書いた人

Baletta*スタイリストとみぃ
美容師歴19年。茨城県牛久市の美容室「Baletta*」所属。
ヘアカラーを得意とし、ハイライトや3Dバレイヤージュなどを駆使したデザインカラーを提案。様々なヘアカラーニーズに対応できる技術を研究・提供している。

ファッション・メイクとマッチしたヘアスタイルの撮影や、美容メーカーのメディアへの寄稿、地域のビジュアル活動など、サロンワークのみならず多方面で精力的に活動している。
【主な活動・資格】
ビューティーエクスペリエンス「THROWジャーナル」ライター
ヘアケアマイスタープライマリー・ミドル取得

オススメの美容記事