茨城県牛久市の美容師 とみぃのブログ

茨城県牛久市の美容師・とみぃこと冨山由博が、美容師としてヘアケアや髪の悩みに対するアドバイスや、役立つ美容情報、美容室の日常などを綴っていくブログです! !

ちょっと違ったヘアを楽しむ【派手色カラー】のススメ!

どうも。 茨城県牛久市でヘアカラーに勤しんでる美容師・とみぃです。


結構巷では「派手色」なヘアカラーが密かにブームだそうで

わたくしもどちらかというとそういうデザインカラーが好きなので、やらせてもらうことが多いのですが

あれってどうやってるの?とお客様からも結構質問が来るので、わたくし流「派手色の染め方」をちょろっとお教えします。

やっぱり派手色にはブリーチは必要


上のオレンジグラデーションのカラーもそうなんですが、

毛先ブリーチ→シャンプー→オレンジ投入→シャンプー・仕上げ

というプロセスが一番無難で綺麗に仕上がる派手色が作れます。

実際このオレンジも、ここからブリーチで抜いてます。
そんでオレンジ投入して…

こうでございます。

ここでポイント。

オレンジ、レッドなどの暖色系はブリーチの度合いが甘め(あまり明るくしない)でも比較的綺麗に染まる



髪の毛はブリーチすると

黒→赤→赤オレンジ→オレンジ→黄オレンジ→黄色→薄黄色

と抜けていきます。


暖色系の場合、赤オレンジあたりで入れても綺麗に染まります。理由は「元々の色味を利用できるから」です。

オレンジにオレンジのっけたらそりゃーオレンジですわなw

なので暖色系の派手色を入れる方は、ブルーやグリーンのような寒色系の色味よりもダメージが少なくて済みます。

寒色系の色を入れる場合は赤とかオレンジが邪魔になるので抜き切る必要があります。しっかり脱色しないといけないわけですね。


ちなみにこのブルーは黄色まで脱色してます。

派手色には確かな色彩知識とスピーディな仕事がキモ



ヘアカラーってのは色彩知識とそれを見る目が大事で、とりあえず赤くしたいから赤のカラー剤使う、では赤くならないんですよね。

ちゃんと髪の毛の状態を見極めて、どういう風に染めたいかを頭の中で計算し、それで出来た薬剤を神のごときスピードで塗る。

でないとうまいこと色がでてくれません。
とっても難しい技術の一つなんです。

もし「こういう色にしたい!!」なんてご相談があればLINE@などで受け付けているので遠慮なくしてくださいね^ - ^もちろんご予約も受け付けてます。


極上の派手色、染めてみせますよ…?

この記事を書いた人

Baletta*スタイリストとみぃ
美容師歴18年。茨城県牛久市の美容室「Baletta*」所属。
ヘアカラーを得意とし、ハイライトや3Dバレイヤージュなどを駆使したデザインカラーを提案。様々なヘアカラーニーズに対応できる技術を研究・提供している。

ファッション・メイクとマッチしたヘアスタイルの撮影や、美容メーカーのメディアへの寄稿、地域のビジュアル活動など、サロンワークのみならず多方面で精力的に活動している。

オススメの美容記事