茨城県牛久市の美容師 とみぃのブログ

茨城県牛久市の美容師・とみぃこと冨山由博が、美容師としてヘアケアや髪の悩みに対するアドバイスや、役立つ美容情報、美容室の日常などを綴っていくブログです! !

市販シャンプーはどれも同じ?!値段の違いは何の違い??

よくお客様に


市販品でおすすめのシャンプー、トリートメントってありますか??」って聞かれますが・・・


ありません  って答えちゃいます。


厳密に言うと「どれも大差ない」です。


基本の機能である汚れを落とすとか、静電気を防止するとかはもちろんほぼどのシャンプー・トリートメントも(美容室専売品も)同じですが、


なんでこんなに値段の差があるんでしょうか??


 


お医者さんの(処方箋)と同じ


IMG_0960


 


 


 


 


 


 


 


 


TVのCMでよく「髪にうるおいを与える〇〇〇〇配合」とかバーン!って大々的に宣伝してるのよくみますが、


あれ、必要ない人には必要ないんですよ。


もともと潤ってる人は潤いすぎてべたべたになっちゃうし、ヘビーダメージでカラッカラに乾燥しちゃってたら逆に足りないし。


そもそも潤いが足りない理由がダメージとは限りません。


 


市販品のヘアケア商品は平均的な効果が出るように作られています。万人に同じ効果がでるように平均値をとってる。


いわばドラッグストアに売ってる風邪薬みたいなもんです。


それに比べ、美容室専売品はひとつの効果に特化してできているんです。


それを美容師さんが髪の診断、スタイリングなどの普段のお手入れの状況を判断しておすすめします。


お医者さんの処方箋と一緒ですね。


 


当然、症状にあわせて十分に効果のあるものを選ぶわけですから、効かないワケありません。


まったく症状が合わないものを使うと市販品より劣りますが(笑)


 


効き目がすぐわかる。だから値段に差がある


IMG_2196


 


 


 


 


 


 


 


 


美容専売品の値段のちがいは効き目がすぐわかることと、美容師が髪の診断をして「処方する」からこそ違いがあるんです。


育毛用、カラーヘア用、痩せた髪用・・・さまざまなお客さんの悩みを解決できるものを選んでいるからこそ価値があるんです。


口コミではない個人にあわせたものを処方するのも大事な美容師の役目です。


そしてみもふたもない話ですが・・・  やっぱ高いもんは高いだけあります。


同じ育毛用でも800円のものと2000円のものではもう洗ってる段階から違います(笑)


 


一回の集中ケアより、日々のちょっとしたケアを


IMG_1177


 


 


 


 


 


 


 


 


美容室にもサロントリートメントやヘッドスパなど、ヘアケアを謳ったメニューはたくさんありますが


月イチの集中トリートメントだけで永続的な髪の健康維持はできません


それだったら少々値の張るシャンプー・トリートメントで毎日洗ってケアしたほうが、髪はきれいになります。


まぁ、両方やるに越したことはないですけどね・・・。




 


 


 


これを機に、市販品の効果がよくわからないシャンプーをやめて、美容師さんに相談してみてはどうでしょう??


自分のおもったとおりの髪質が、案外簡単に手にはいっちゃうかも知れないですよ??


 


 


ヘアケア剤を変えたら、このやり方もレッツトライ!!


「トリートメントを流す前にひと手間でツルツル!!」


https://yoshihirotomiyama.com/yoshihirotomiyama/716

この記事を書いた人

Baletta*スタイリストとみぃ
美容師歴18年。茨城県牛久市の美容室「Baletta*」所属。
ヘアカラーを得意とし、ハイライトや3Dバレイヤージュなどを駆使したデザインカラーを提案。様々なヘアカラーニーズに対応できる技術を研究・提供している。

ファッション・メイクとマッチしたヘアスタイルの撮影や、美容メーカーのメディアへの寄稿、地域のビジュアル活動など、サロンワークのみならず多方面で精力的に活動している。

オススメの美容記事