茨城県牛久市の美容師 とみぃのブログ

似合う色ってどうやって決めてるのか。



 


こんにちは。  秋なのでいきなりベレー帽被ってきて調子づいてるわたくしです。


さてさて、今日はカラーのお話。お客様に結構な確率で質問されるんですが、


「私にはどんな色が似合う(似合わない)と思いますか??」


というもの。


これは美容師さんの中でも賛否がある領域で、カット同様似合わせ方も沢山ありますし、肌や瞳の色で判断する「パーソナルカラー理論」も、確立してからずいぶんお客様の中でも浸透していると思います。 なのでここはわたくし個人の見解で書いてみようとうと思います。



 似合わない色はない


 


わたくし個人的には「似合わない色はない」と思っています。  もちろんパーソナルカラーの理論でいけば「バカなこと言ってんじゃねーよ!」ってことになるんですが


そもそもオレンジとレッドのような微妙な色加減ってどのくらい認識されるんでしょう?? 結構美容師さんでも見分けられない方いますよ?まあ中には仕上がりを見ただけで使ったカラー剤を当ててしまう猛者もいますが(笑)



似合わせで重要なのは「明るさ」


きっと、友人や家族に「それ似合ってるね」とか「それ似合わない」と言われる時に見てるのは明るさなんですよね。


カラーの似合う似合わないは「色」ではなくて「明るさ」で判断されやすいんです!



やったことがない色や、正反対の色にチェンジする時は果たして似合うのかどうかが不安なところ。 でも明るささえかけ離れてなければ初めての色味でもしっくりくるんですよ



明るさは慎重に。色はチャレンジ!!


IMG_1786.JPG








この時、髪の明るさをどうやって似合わせるか?になってきます。 この時にパーソナルカラーが役に立ちます。


目の虹彩の色や肌、過去に似合わないと不評だった明るさ、って云うのも参考になりますよね。


そうやって「明るさ」は慎重に決めた方がいいです。


色味は明るさが決まってれば、大胆にチャレンジしても大丈夫!! カラーチェンジは一度のカラーでするのが難しいものもありますが、ぜひいろいろなカラーを楽しんでほしいですね。



・・・っていいながら自分はしばらくカラーしてないっていう。わたくしも歳が歳なので、白髪もチラホラ・・・。


もうちょっと美意識高めます・・・。


ご予約はLINE公式アカウントが便利です!気軽に追加してください!


LINE公式アカウントで気軽にご予約、スタイルや髪に対するご質問承ります!!


友だち追加数


できない場合はID検索!! @zpi0691p



この記事を書いた人

フリーランススタイリストとみぃ
美容師歴19年。
ヘアカラーを得意とし、ハイライトや3Dバレイヤージュなどを駆使したデザインカラーを提案。様々なヘアカラーニーズに対応できる技術を研究・提供している。

ファッション・メイクとマッチしたヘアスタイルの撮影や、美容メーカーのメディアへの寄稿、地域のビジュアル活動など、サロンワークのみならず多方面で精力的に活動している。
【主な活動・資格】
ビューティーエクスペリエンス「THROWジャーナル」ライター
ヘアケアマイスタープライマリー・ミドル取得




follow us !