茨城県牛久市の美容師 とみぃのブログ

茨城県牛久市の美容師・とみぃこと冨山由博が、美容師としてヘアケアや髪の悩みに対するアドバイスや、役立つ美容情報、美容室の日常などを綴っていくブログです! !

それでもわたくしは美容師としての情熱がある。

今日から11月。  わたくしがこの会社で仕事をするのもあと二ヶ月になりました。

もちろん着々と出店の準備も進んできていて順調なんですが、今日ちょっとした事がありました。

別に悪気があるわけではなく、完全にわたくしの主観というか思ったことですので悪しからず。


今日から社員がお店の半分を使って営業をするということで、中途の社員が入ってきました。

なんでもお店を経営していたのにたたんだのだそう。

わたくしはこれからのこともあるので、ちょっと参考までに聞いてみようかなと思い話しかけてみたのですが、聞き出す以前に「そうかこれか」と思ってしまいました。

仕事・スタッフ・お客様…人を想う情熱がない人はうまくいかない


我々美容師の仕事は、「人」が全て。
仕事をするのにも、たくさんのお客様をお迎えするにも、なんならお客様も「人」なんです。

確かに利益は大事です。ですが、その「人」をおろそかにして利益が出ているのを見たことないですし、逆におろそかにしてる人がことごとく失敗しているのをそれこそ何度も見てきました。

美容師や美容室が繁栄するためには人を第一に想わなければいけないんです。
少なくともそのスタッフにはその気が感じられませんでした。

経営学は大事。それでもわたくしは美容師。


img_4298-1.jpg
このお店にきてもうすぐ丸3年。 当初から3年後には出店を考えていたわたくしは、この3年の間にそれこそ色々な社会の仕組みや、税の事、独立するための知識などをつけてきました。

実はそれでも全然足りないぐらいで、 「これをちゃんと理解しないで経営とか出来るんだろうか…」と思うことが未だにたくさん。

美容師が独立開業するというのはいわゆる転職のようなもの、と誰かが言っていました。

美容師→経営者という転職ですね。

美容師として仕事をするのと経営者として仕事をするのとでは全然違うことくらいはわかります。
ですがやはり美容師としての根底を忘れてしまっては、経営はできないんじゃないかなと思います。

それが「人を想う」ことであり、人を想うからこそ喜んでいただこうと考えることもある。

まだ経営なんてしたことないですし、あと二ヶ月後にはなるわけなんですが
わたくしの周りの成功してる経営者の方たちは皆さん人を大事にしてる方ばかりなので、きっと間違いないでしょう。

働く人も来店される方も過ごしやすく、仕事しやすい環境を作りたい。
利益はそこから出てくるものじゃないのかなぁと、話してて思いました。

もちろん自分自身の方がまだまだ未熟。あと二ヶ月気をぬかず頑張ろうと思います。

この記事を書いた人

Baletta*スタイリストとみぃ
茨城県牛久市出身。美容師歴17年。
ヘアカラー・特にアッシュ系のカラーを得意とし、ハイライトや3Dバレイヤージュなどを駆使したデザインカラーを提案。
サロンワークのみならず、スタイル撮影や執筆活動なども精力的に行っている。

オススメの美容記事