茨城県牛久市の美容師 とみぃのブログ

茨城県牛久市の美容師・とみぃこと冨山由博が、美容師としてヘアケアや髪の悩みに対するアドバイスや、役立つ美容情報、美容室の日常などを綴っていくブログです! !

【美容室あるある】シャンプーの時は頭上げた方がいいの??



これの中には確かに控えてほしいなぁと思う項目もあるんですが

ほとんど気にしないものばかり(笑)

ねぇ…。顔のピーリングとか日常でやる?聞いた事ないんですけどね。

まぁでもお客様にも「こうしていただけるとありがたい」と思う事はもちろんありまして、これをしてくと「気を使っていただいてありがとうございますm(._.)m」って頭が下がりますw

タートルネックを着ていかない


首の詰まった服(襟の高いシャツ、タートルネック)で行くと、襟に薬剤が付いてしまうリスクが高くなるので控えた方がいいですね。

もちろん襟を内側に折らせてもらいますけどね…タートルネックとかだと首元まで入れ込まなきゃいけないので男性美容師だとちょい気が引けるww

シャンプー台ではリラックス


結構よくお客様が頭を左右に動かしてくれたり、襟足流す時に頭を上げてくれたりするのですが、

美容師側としては「まっすぐ寝てもらってリラックスしててほしい」んです。


頭の横を流す時にこうやって斜めになってくれたりするお客様もいるのですが

基本、シャワーは上から当ててるものなので、この角度だと耳に入ってしまう(笑)

襟足を流す時もそうですね。


わたくし達は頭を持ち上げたとき、このように小指、薬指、中指で襟足からお湯が入らないようにせきとめて流します。

要するに頭の重さを使ってお湯が出ないようにしてるんですね。

なので頭をガバッと持ち上げられるとえりあしからお湯が漏れて襟が濡れるんです。下手すると背中までビシャビシャになる事も(ほとんど有り得ませんけど)

お客様自身もかなり気を使ってやってくれる方もいるのでそこは否定しませんが、なるべく心地よく過ごしていただきたいと考えるもので、身を任せていただけるとありがたいですね。

この記事を書いた人

Baletta*スタイリストとみぃ
茨城県牛久市出身。美容師歴17年。
ヘアカラー・特にアッシュ系のカラーを得意とし、ハイライトや3Dバレイヤージュなどを駆使したデザインカラーを提案。
サロンワークのみならず、スタイル撮影や執筆活動なども精力的に行っている。

オススメの美容記事