茨城県牛久市の美容師 とみぃのブログ

茨城県牛久市の美容師・とみぃこと冨山由博が、美容師としてヘアケアや髪の悩みに対するアドバイスや、役立つ美容情報、美容室の日常などを綴っていくブログです! !

泡立ちが悪いとダメージする?! シャンプーの泡立ちを良くするための3つの方法!!

どうも。茨城県牛久市でカラーを染めまくってるとみぃです。

皆さん毎日してると思われる「シャンプー」


わたくしなんかは髪が短いのでシャンプー剤もほんの少し、ポンプだったら1プッシュで出し過ぎなくらいなんですが


人によっては3〜4プッシュしても全く泡立たないー なんていう人もいます。


一体これは何が原因なんでしょ?


そもそもなんで泡立ち良くないとダメなのか



そもそも泡立てないと汚れが落ちないのかというとそんなこともないんです。


ただ、皆さん泡立ちが良いかどうかを購入動機にするくらい泡立ち良い=良いシャンプー みたいな印象があると思います。

これにはちゃんと理由があるんです。

髪の毛にはキューティクルがそれこそ魚の鱗のように毛先に向かってついていて
髪が濡れたりすることでキューティクルが開くわけです。


もちろんシャンプーをつけてゴシゴシやられると思うんですがここが問題。

泡立ち悪いと直接髪と髪がこすれあって、濡れて開いたキューティクルが拍子に取れてしまう。

キューティクルは髪の毛の表面を保護する役割と、内部のタンパク質や水分を蓋をして保持する役割があるので、なくなるとそれらが守られなくなるわけです。


枝毛だったり手触りが悪くなったり
はたまた切れてしまったり
いろんな影響が出てしまうわけですね。

じゃあどうやったら泡立ち良くなんのよ?って話なんですけど、いくつかあるんです。


①汚れの付着が原因





シャンプーの泡立ちにはワックスやスプレーなどのスタイリング剤や
外や室内で自然に絡むホコリやチリなんかが影響します。

これね、どんだけ気をつけてもやっぱりチリやホコリはついちゃうんですよ。 何せ人間ってビミョーに体内に電気をもってるので


それに引き寄せられてついちゃうんですよね。
いわゆる静電気です。

なのでこれをしっかり取ってからシャンプーしないと泡立ち悪くなるんですけど、どうやって落とすのか?



死ぬほどすすいでください。



わたくしの推奨は1分半〜2分です。



これ、結構長いんですよ。なのでなかなか大変なんですけど
これをするだけで髪の毛の約8割強の汚れは取れますので、ぜひやっていただきたい。

これだけで泡立ちめちゃ良くなることが多いです。

②泡立ててから髪につける




皆さん結構髪洗うときって原液そのまま髪に(頭皮に)付けますかね?

これ、ここで一工夫するとめちゃモコモコにできるんですよ。



泡だてネット

これ100均とかで売ってるやつでもいいです。
これでまず泡立ててから髪につける。
結構これだけでモコモコです。


洗顔する時も皆さん手で泡立てたり、同じ泡だてネット使ったりしてから顔につけません??
それと一緒です。

シャンプーは液体感が強いので手だけで泡立てるのが結構難しいので、ネットがあると便利です。

これをすることで全体にまんべんなくモコモコな泡が回るし、シャンプーも節約できるのでおススメです。

あ、髪の毛長い人は毛先に原液つけて泡立てる「人間泡立てネット」という荒業がありますが、推奨はしません(爆)

③できたら髪に合ったサロン専売品を使う





これ言ったら元も子もないだろ、なんて思う人もいるかもしれないんですけど事実です。

美容室には様々なメーカーの様々な効能に特化したシャンプーがありますが、
クオリティが低いシャンプーはほぼありません。

どのメーカーのものも効能に特化してるものの(カラー毛用や頭皮用など)効果はほぼMAXのものばかり。

なので選ぶ基準が匂いとか、サイズとかになってくるんですが
共通して言えるのはサロン専売品は基本「シリコンフリー」であること。


皆さん気にする方もちらほらいましたが、シリコンは「絶対悪」ではなく、手触りを良くする人体に無害な物質としては優秀なんですよ。


ただ、シャンプーに入ってることに意味はそんななさないので、無いなら無い方がいいです。
(ちなみにトリートメントにはほとんどのものに少し入ってます)

薬局なんかでノンシリコンのシャンプーでそこそこの物を買おうとするサロン専売品くらいの値段しません??

ならば美容師に「あなたの髪に合うシャンプー」を見立ててもらって使う方が、同じ値段払うにしても
「ヤベー、全然良く無かったわー」
なんて失敗がほぼなくてお得だと思うんです。


薬局なんかにあるシャンプーを否定はしませんが、本当に髪と頭皮のことを考えるのであればサロン専売品をお勧めするということなんです。
シリコン自体が泡立ちを阻害することもあるんですが、その点はサロン専売品は安心ですね。



とはいえ、シャンプーの泡立ちがめちゃ良くても、髪をゴシゴシすることには変わりないので多少は負担がかかります。

そんな中、「シャンプーの泡にトリートメント成分が入ってる」シャンプーがあるのご存知ですか??



ディープレイヤー


これ、泡立てて洗ってから髪を荒歯のクシなんかを通すと、泡の中にあるトリートメント成分が髪に吸着してツルツルになります。

それをトリートメントでマスクすることでダメージを感じないしっとりとした質感に。

カラーやパーマ・ストレートをかけられてる方には最適です。





普段ほぼ毎日するシャンプー。髪や頭皮への普段は微々たるものですが、毎日蓄積されるとそれはそれで深刻になります。

これを機会に見直してみては??

この記事を書いた人

Baletta*スタイリストとみぃ
美容師歴18年。茨城県牛久市の美容室「Baletta*」所属。
ヘアカラーを得意とし、ハイライトや3Dバレイヤージュなどを駆使したデザインカラーを提案。様々なヘアカラーニーズに対応できる技術を研究・提供している。

ファッション・メイクとマッチしたヘアスタイルの撮影や、美容メーカーのメディアへの寄稿、地域のビジュアル活動など、サロンワークのみならず多方面で精力的に活動している。

オススメの美容記事