茨城県牛久市の美容師 とみぃのブログ

茨城県牛久市の美容師・とみぃこと冨山由博が、美容師としてヘアケアや髪の悩みに対するアドバイスや、役立つ美容情報、美容室の日常などを綴っていくブログです! !

【今更聞けないヘアスタイル】ボブとはどんなスタイルの事??

ここのところヘアカタログやネットでヘアスタイルを検索してもかなりの数ヒットする「ボブ」

ボブと一言で言ってはみたものの、どの辺までがショートでどっからがボブ??とかボブって結局何? とか

わからないことって結構ありますよね。

ボブってどの長さのことを言うの?



バッサリ長さを切るときによくオーダーされるスタイル「ボブ」

ボブの定義って「アゴラインで切り揃えられてるヘアスタイル」のことなんですが、結構みなさんアバウトな感覚ですよね。

上の写真のヘアスタイルは典型的なボブなんですが、



こういうのもボブっていうんです。


アゴラインじゃねぇじゃん!!って思うじゃないですか。でもこれは「ショートボブ」って形になるんですよね。ほら、アゴよりちょい短いですよね。なので「ショートボブ」なんです。

段が入ってたり、軽かったり、形はいろいろあるのですが、ボブの定義は「アゴラインで切られてるスタイル」なんです。

ボブにするといいところ




ボブというヘアスタイルはアゴラインで長さを決めるのですが、丸みがくる部分は顔の形なんかに合わせて高目にしたり低めにしたりできるので、似合わせがしやすいんです。
頭の形や顔の輪郭が出やすいショートヘアにくらべ、そういう要素を補正できたりするのもボブの利点ですね。



似合わせやすい=誰でも似合う




なので、みんなこぞって切るとなるとボブなんですね。

でもちょっと気をつけたいところ


そんな万能な髪型に見えるボブですが、ちょっと気をつけたいところも。


ボブのスタイルは総じて段を低めにするスタイルが多いので、量を減らしても減ったように見えないんです。


髪の量を減らして軽くしても、上の髪の長さが長いので、軽くなったように見えないんです。


なので、無理やり軽く見せようとして削ぎすぎると、髪の密度が足りなくなってものすごくまとまりの悪いヘアスタイルに…


なのでそんな方は…



ボブにワンカールふわっとパーマをかけてあげると浮遊感が出て軽やかにみえます。


手入れも引っ張り気味に乾かしてスタイリング剤をさらっとつけるだけなので簡単ですしオススメです^_^

ここで余談ですが…


ボブという名称の由来。なんでアゴラインで切られてるスタイルをボブと呼ぶようになったのか?
諸説ありますがね… わたくしが教わったのは…




ある国の陸軍兵士に「ボブ」ってやつがいましてね。




ヘルメットをかぶってると髪が目にかかって邪魔なので、ヘルメットの輪郭に沿って髪を切り落としたんだそうで。



ボブってやつがやった髪型だから「ボブ」らしいですぜ。



まあ本当かどうかは分かりませんが、例えば米陸軍のヘルメットって…



アゴラインじゃねぇじゃんwww

お後がよろしいようで。

この記事を書いた人

Baletta*スタイリストとみぃ
茨城県牛久市出身。美容師歴17年。
ヘアカラー・特にアッシュ系のカラーを得意とし、ハイライトや3Dバレイヤージュなどを駆使したデザインカラーを提案。
サロンワークのみならず、スタイル撮影や執筆活動なども精力的に行っている。

オススメの美容記事