茨城県牛久市の美容師 とみぃのブログ

茨城県牛久市の美容師・とみぃこと冨山由博が、美容師としてヘアケアや髪の悩みに対するアドバイスや、役立つ美容情報、美容室の日常などを綴っていくブログです! !

セルフカラーって以外に高い?? 市販のカラー剤を調べに行ってみた。

最近はパブリック(市販品)のカラー剤の種類も増え、茨城の田舎では結構な割合で自分で染める方が多いです。


「市販のカラーは髪によくないからダメですよ!!」ってのも美容室ではもはや定番。耳タコ状態。


 


しかしですね・・・前々から気になってたんですが・・・


そもそも市販のカラー剤によるリスクって本当に「傷む」だけなんだろうか??


 


実際、わたくしは市販のカラー剤を使ったことがない(昔、ウィックを染めるのに使ったことがあるかw)


ので、お客さんが染めてきたのを見て触って「ああ、これは・・・」って思うぐらい。


「傷むのは分かってんだけどさぁ、安くやれちゃうからつい・・・」


っていうのがお客さん側の言い分。


 


「傷む」以外でなんかホームカラーをやめられる理由はないもんか・・・。


と、いうことで・・・


IMG_2054


 


 


 


 


 


 


 


 


「マツモトキヨシ」。


わたくしがいるお店は駅ビルの中のテナントなので、同じフロアにマツキヨがあるんです。


IMG_2056


 


 


 


 


 


 


 


 


さっそく見つけたヘアカラーコーナー。まぁーたくさんあるんですよね。


クリーム状のものから泡のものまで相場700~1000円くらいでいろいろありました。


中には1500円、2000円なんてものまで。


IMG_2057


 


 


 


 


 


 


 


 


 


これ、毛束が付いていて見本の明るさが示してあるんですが、なかなかありえないツヤw


これを見てやりたくなっちゃうんだろうなぁってちょっと思う。実際、この色味になる人も限られてるだろうし・・・


どんなもんが入ってるんだろう?


 


 


 


 


 



 


 


 


 


 


 


 


 


 


量少なッ!!!


ちなみに1剤 40gといえば、我々の感覚でいけば2センチのびた根元を全頭染めるのでギリギリの量。


よく見ると他のカラー剤もほぼ同じ量。


 


 


ちょっと待て・・・。ってことはだよ、


 


例えばミディアムくらいの長さがあるとして、もちろん量や質にもよるけど


100g必要だとするよ。だとすると2箱半、もしくは3箱必要。


市販のカラー剤が1500円だったとして


1500×3=4500


 


うちの店、カラー5100円だけどもwww


 


 


そもそも自分で染めたら綺麗に染まるように塗るのはできないだろうし汚れるし片付けはメンドーだし・・・


その手間賃で600円なら高くない気がするんだけども?


 


 結論


やっぱ美容室で染めた方が安全性、クオリティ、コスト的にもベスト


ってことになりました。


もちろん、「市販のカラー剤が悪」とは全然思ってなくてただ染めるだけなら全然染まるのでいいものもありますが


髪の毛のコンディションもデザインを作る上で必要な要素だし、わたくしはデザインをお客さんに提供したいので、良くは思いません。


パーマやストレートもかかり悪くなるしね。


市販カラー、ダメ、ゼッタイ。


IMG_2060


 


 


 


 


 


 


 


 


ご予約はLINE、Twitterでも承ります!


こちらをクリックするとわたくしのLINEに直接アクセスできます!!↓↓

ご質問、ご予約はこちらから!!

出来ない時はID検索!!  tomy522


twitterも気軽にフォロー!!予約状況や新着情報をつぶやきます!!

twitterアカウント   @522_rock


premium friends 冨山 由博(とみぃ)

わたくしの情報はこちら!!


保存保存

この記事を書いた人

Baletta*スタイリストとみぃ
美容師歴18年。茨城県牛久市の美容室「Baletta*」所属。
ヘアカラーを得意とし、ハイライトや3Dバレイヤージュなどを駆使したデザインカラーを提案。様々なヘアカラーニーズに対応できる技術を研究・提供している。

ファッション・メイクとマッチしたヘアスタイルの撮影や、美容メーカーのメディアへの寄稿、地域のビジュアル活動など、サロンワークのみならず多方面で精力的に活動している。

オススメの美容記事