茨城県牛久市の美容師 とみぃのブログ

茨城県牛久市の美容師・とみぃこと冨山由博が、美容師としてヘアケアや髪の悩みに対するアドバイスや、役立つ美容情報、美容室の日常などを綴っていくブログです! !

乾燥するこの季節に髪を守る魔法のヘアオイル【ホホバオイル】

どうも。茨城県牛久市でカラーを染めまくってるとみぃです。

いやいや。ほんと寒いですよね。


店に二箇所湿度計置いてるんですが

湿度27%ですがな。 カラッカラ。

店では加湿器なんかで湿度を上げたりしてますが
肌とか髪とかの乾燥はなかなか加湿器ではできません。

髪の毛の保湿は水分ではなくて脂分が大事



髪の毛自体の保湿、というと湿ってれば大丈夫なのか?と思われがちですが
濡れた状態でいるとキューティクルが開いたままになって摩擦で傷むのでよろしくないです。

かといってカラッカラのままだと枝毛の原因になったり、何より手触りが良くありません。

なので気をつけるべきはその水分が外に出にくくなるように脂分でコーティングすることなんです。

通常であれば自分の皮脂があるので、紫外線や乾燥から守られてますが

シャンプーしたての髪なんかはシャンプーで皮脂を落としてしまっているので防御力0です。

それを擬似的にオイルで補うんです。

オススメのオイルは【ホホバオイル】



世の中にはヘア用オイルが数多く出回っており、正直どれを使っていいか迷うはず。

そうなった時は「ホホバオイル」をオススメします。

ホホバオイルには、人間が出す皮脂に限りなく近く、アレルギーもほぼ起こりません。

ほんの少量シャンプー後の濡れた髪につけて乾かせばサラッサラになります。

万能オイルですがちょっとした注意点が



保護能力も良く、髪の毛に対しては万能オイルですが、ちょっとだけ注意点が。

つけすぎに注意


基本、こういうノズルの形状だったらロングで1プッシュ、ショートなら半プッシュもいらないくらいです。
ものすごーーーーく伸びるので、つけすぎるとベタベタします。
薄くサラーっとつけれる量で効果は十分です。

ホホバオイルの種類に注意


皆さん無印とかでホホバオイル見たことないですか??
そうなんです。肌用のホホバオイルが売られているのですが、あれ「透明」なんです。

髪に使うホホバオイルは「黄色い」ホホバオイルにしましょう。

透明なホホバオイルはたしかにホホバオイルなんですが、精製して栄養分をなくしてしまってるオイルですのでよろしくありません。


黄色いホホバオイルは「ゴールデンホホバオイル」といわれ、抽出したままの栄養分が入ってるので効果抜群。

精製済みのゴールデンホホバオイルもありますが、においがないくらいで効果はさほど違わないので、ゴールデンであれば精製済みのものアリです。

皆さま購入する時は「黄色いホホバオイル」を買いましょう。



シャンプーやトリートメントばかりに注目がいきがちですが、ヘアオイルも重要なヘアケア剤。

乾燥するこの季節をホホバオイルで乗り切って健やかな髪を維持したいものですね。

この記事を書いた人

Baletta*スタイリストとみぃ
美容師歴18年。茨城県牛久市の美容室「Baletta*」所属。
ヘアカラーを得意とし、ハイライトや3Dバレイヤージュなどを駆使したデザインカラーを提案。様々なヘアカラーニーズに対応できる技術を研究・提供している。

ファッション・メイクとマッチしたヘアスタイルの撮影や、美容メーカーのメディアへの寄稿、地域のビジュアル活動など、サロンワークのみならず多方面で精力的に活動している。

オススメの美容記事